突然おきる原因不明の内耳性難聴であり、原因はウイルス感染や、血のめぐりが悪くなって起こったものと考えられています。随伴症状としてのめまいは珍しくありません。治療は循環改善薬、代謝改善薬、ステロイドホルモンなどで、神経ブロックといい神経に麻酔をすることにより、血管の緊張を解き血の流れを良くする治療などがあります発症後約1~2ヵ月で聴力検査上、治療に反応しなくなるといわれているため、難聴の程度によっては早期の入院加療が望ましいこともあります。
  聴力の改善には時間がかかるため退院時に聴力が改善していないことは多いと思われますが、治療効果は退院後も続きます。