難聴をきたす疾患は数多くあり、同じ難聴でも治療法がさまざまであり、なれない病名を外来で診断されても、なかなかピンとこないでしょう。
ある程度、疾患について患者が理解していれば緊急時の対応で困ったときも、外来での処置に疑問を持ったときでも役に立つと思います。
そのためにも非常に簡単に、耳の構造と、役割、疾患について説明したいと思います。
まず耳は大きく分けて3つの構造からなっています。耳の外から順に外耳道、中耳、内耳と分けられ、その後神経を通って脳につながります。それぞれの構造と機能は、外耳道は音が入ってゆくトンネル状の構造で、音に関しては特別な機能は有していません。音はそのまま中耳へ伝わります。中耳は別名鼓室と呼ばれ、太鼓と同じ構造をしており、音によって太鼓の膜である鼓膜が振動し、その振動を増幅させます。その増幅された振動は最後の内耳へつながり、そこで振動は電気的な信号に変えられます。ここには平衡感覚のセンサーもあるため、内耳の障害では眩暈症状も出てくることがあります。平衡感覚は左右のバランスを計測しているため、どちらかの障害があればぐるぐる回っている感じになります。その後、電気的信号は電気コードである聴神経が脳に情報として運び、そこで解析、理解されるわけです。
つまり音は音波としてトンネルをくぐり、太鼓で振動に変わり、アンプで電気信号に変わりレコーダーである脳で記憶されるというわけです。まず外耳道の疾患ですが

1〕 外耳道疾患(トンネルの部位での疾患)

  1. 耳垢塞栓
  2. 外耳道異物
  3. 先天性外耳道閉鎖症
  4. 感染による外耳道狭窄
  5. 外耳癌、外耳腫瘍

2〕 中耳疾患(太鼓の機能障害)

  1. 急性中耳炎
  2. 滲出性中耳炎
  3. 慢性中耳炎
  4. 真珠腫性中耳炎

以上が代表的な中耳疾患ですが、ほかにも腫瘍性のものや、外傷性のもの、などがあります。

3〕 内耳疾患(変換機および伝達コードの障害)

  1. メニエール病
  2. 突発性難聴
  3. 外リンパ漏

以上が代表的な内耳疾患ですが、ほかにウイルスや細菌による内耳炎、薬剤による難聴、騒音による難聴、年齢的なものに起因する難聴などがあります。内耳という特性上めまいを合併し、神経障害であるため回復に時間を要する疾患が多いといえます。
また伝達コードである聴神経からくる難聴は腫瘍性のものが多く、その名のとおり聴神経腫瘍等があります。一般的に腫瘍性のものは徐々に進行するものが多いとされています。