急性扁桃炎、慢性扁桃炎の急性増悪に続発して生じる重症感染症です。溶連菌、ブドウ球菌、インフルエンザ菌など急性扁桃炎と同様の好気性菌だけでなく、バクテロイデス、フゾバクテリウム、ペプトストレプトコッカス属などの嫌気性菌も検出されることが多いです。
感冒症状、扁桃炎症状に続いて高熱、著しい咽頭痛、嚥下時痛、開口障害を生じます。これらの症状のために経口摂取が困難となり、脱水や全身状態の悪化を来します。さらに増悪すると炎症が副咽頭間隙、顎下間隙、頸動脈間隙などの深頸部に膿瘍を形成し、さらに進行すれば縦隔膿瘍に至り致死的となります。
小児には頻度が少なく、扁桃炎の既往を持つ20~30代の青壮年期の比較的男性に多いです。膿瘍は扁桃の上極に生じることがおおいので、口蓋扁桃や口蓋弓、軟口蓋が発赤し前方に膨隆します。周囲炎であるか周囲膿瘍であるかは穿刺して膿が引けるか、またはCT・MRI検査で膿瘍の存在を確認します。
治療は抗生物質投与であり周囲膿瘍では切開排膿などの外科的治療も併用されます。保存的治療:起因菌に応じた抗生剤が選択されます。おおくはペニシリン、セフェム系抗生剤に嫌気性菌に感受性のあるクリンダマイシンが併用されます。先に述べたとおり、経口摂取が困難であることや、本疾患の重症度から内服治療による改善は期待できず、多くは入院、点滴治療となります。外科的療法:周囲膿瘍では穿刺または切開排膿の処置がされます。国内では急性炎症時の扁桃摘出は禁忌とされていますが、欧米では即時口蓋扁桃摘出術が普及しています。